« イーリーキシモト:ELEY KISHIMOTO | ファッションブランド 情報 トップへ | RSS専用サイトマップについて »

イヴサンローラン:Yves Saint Laurent

読み方 : イヴサンローラン
フルスペル : Yves Saint Laurent

起源
  1962年、イヴ・サンローランがオートクチュールメゾンを発表。

履歴
  イヴ・サンローラン(Yves Saint LAURANT)。1936年8月1日、アルジェリアのオランに生まれる。色白で細面だが鼻が大きく金髪天然パーマ、スラリとした細身で、いつもきまって黒ぶちの四角いメガネ着用している老人男性。弱冠17歳の時にIWS主催のデザインコンクールでカクテルドレスを発表し、最優秀賞を受賞。翌年、クリスチャン・ディオールに迎え入れられる。57年、クリスチャン・ディオール死去に伴い、弱冠21歳で後継デザイナーに就任。58年、クリスチャン・ディオール死後のパリでの初コレクションで「トラペーズライン」を発表。
  62年、ピエール・ベルジェと共にオートクチュールメゾン「イヴ・サンローラン」を発表。以後、シースルー、サファリルック、モンドリアンルック、スモーキング、パンタロン等、60年代を代表する新しいエレガンスのスタイルを発表。
  66年、プレタポルテ「イヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュ」のブティックをパリ6区に開設。
  85年、レジヨン・ドヌール勲章を受勲。93年、デ・ドール賞を受賞。
  2001年9月29日、表参道にリヴ・ゴーシュのショップをオープン。
  サンローラン本人に「私はいつも、ドルーヴをイメージしてデザインしている」と言わしめるほど、60年代後半まではドヌーヴがマスコット的存在として位置していた。
  卓越した技術と多大なる存在感で多くのデザイナーに影響を与え、敬意を込めて「モードの帝王」と称される。自他共に認めるゲイ。
  イヴ・サンローラン社がグッチ社に買収されたのを受け、2001 S/Sよりリヴ・ゴーシュのデザイナーにトム・フォードが就任。
  2002年1月22日に行われた、パリ オートクチュール・コレクションを最後に、「モードの帝王」、イヴ・サンローランは惜しまれつつも引退した。そして、高度に神格化された影響か、オートクチュール部門は閉鎖し、以後はリヴ・ゴーシュのみの展開となっている。
  2003年11月、トム・フォードが辞任。


 投稿者 ファッションブランド 情報 (bland) : Trackback is here