0+1= 不動産 情報 用語集

0から始める 不動産用語集。 資格試験対策 や 投資対策 のために+1の 不動産情報 を。

家屋台帳:かおくだいちょう 解説

家屋台帳:かおくだいちょう

家屋台帳とは、家屋台帳法にもとづき、家屋の状況を明確に把握する目的のために作成された台帳のこと。

当初は家屋税課税のための把握が主な目的であったので税務署に備えられていた。
S25年の法改正以後は、登記所に備置が移管されたが、登記簿と台帳の併存は、手数の増大・記載の不一致等種々の問題を生じたため、登記簿と台帳の一元化が検討され、S35年の法改正によって家屋台帳は建物登記簿に統一され廃止された。

登記簿のうちの表示の登記が、台帳の機能をも有するようになっている。

スポンサードリンク

その他の関連ページ
カウンタートップ:かうんたーとっぷ
価格査定:かかくさてい
不動産 用語集 トップ



△上へ戻る
Written by ©2005