0+1= 不動産 情報 用語集

0から始める 不動産用語集。 資格試験対策 や 投資対策 のために+1の 不動産情報 を。

価格査定マニュアル:かかくさていまにゅある 解説

価格査定マニュアル:かかくさていまにゅある

価格査定マニュアルとは、合理的根拠の一つとされている(財)不動産流通近代化センターが作成した価格査定マニュアルのこと。

宅建業者は、媒介した宅地または建物の媒介価額(売買すべき価額または評価額)について意見を述べる時は、その根拠を明らかにしなければならない。(宅建行法第34条の2)

本来、媒介価額(売出価額)は依頼者の希望価額そのままでなく、それに宅建業者の意見調整がなされて決定されるが、その調整(意見価額の算出)にあたっては根拠を示す事が法律上で義務付けられ、通達でその根拠は合理的でなければならないとされている。

価格査定マニュアルは、住宅地・木造戸建住宅および中古マンション用の3種類が作成されている。
住宅地および中古マンション用のマニュアルは、査定地(査定マンション)と事例地(事例マンション)の交通の便、周辺環境等の価格形成項目の格差(評点)を比較して価格を算出する方法。

これに対して、木造戸建住宅用マニュアルは、まず標準建築費を把握し、査定建物の品等の判定等を行い、新築価格を求め、その新築価格に築後経過年数にもとづく減価修正を行って現在の価格(単価)を算出する。
この価格に床面積を乗じて建物部分の価格を算出し、これに土地価格査定マニュアルにより求められた土地価格を加えて、戸建住宅価格を導き出す考え方を採用している。

スポンサードリンク

その他の関連ページ
価格査定:かかくさてい
価格時点:かかくじてん
不動産 用語集 トップ



△上へ戻る
Written by ©2005