0+1= 不動産 情報 用語集

0から始める 不動産用語集。 資格試験対策 や 投資対策 のために+1の 不動産情報 を。

圧縮記帳:あっしゅくきちょう 解説

圧縮記帳:あっしゅくきちょう

圧縮記帳とは、土地・建物等の譲渡益を課税除外するための法人税の課税所得計算上の独特の技術的方法のこと。

企業会計上は資本取引とされるものや資産の譲渡益で課税除外(実質は延期)してもよいものについて、この圧縮記帳の方法により発生する圧縮損を用いて、発生した受贈益や譲渡益を相殺し、発生時の課税を避けて課税の繰延を行う。

圧縮記帳が行われる場合には、譲渡資産の処分益(または金銭の受取による受贈益)の発生、取得資産の圧縮記帳による圧縮損の発生があり、処分益(受贈益)は損金により相殺され、譲渡資産の譲渡(金銭の受贈)がなかった状態と同じになる。

つまり譲渡益は発生せず、譲渡資産がその価額で継続保有されているのと同じこと。

スポンサードリンク

その他の関連ページ
頭金:あたまきん
アティック:あてぃっく
不動産 用語集 トップ



△上へ戻る
Written by ©2005