0+1= 不動産 情報 用語集

0から始める 不動産用語集。 資格試験対策 や 投資対策 のために+1の 不動産情報 を。

アンボンド工法:あんぼんどこうほう 解説

アンボンド工法:あんぼんどこうほう

アンボンド工法とは、板状のコンクリートスラブ(天井・床)にピアノ線状の鋼材を引っ張り、ギターの弦のように緊張させることで固定させること。

マンションのラーメン構造では天井に小梁の出っ張りが生まれ、圧迫感があったり間取りの変更がしづらいといった短所があり、その対策として考え出されたのがアンボンド工法。
スラブを分厚くする必要があり、その結果遮音性が高まる長所も生まれる。

スポンサードリンク

その他の関連ページ
あんどん部屋:あんどんべや
家並みの統一:いえなみのとういつ
不動産 用語集 トップ



△上へ戻る
Written by ©2005