0+1= 不動産 情報 用語集

0から始める 不動産用語集。 資格試験対策 や 投資対策 のために+1の 不動産情報 を。

一物一権主義:いちぶついちけんしゅぎ 解説

一物一権主義:いちぶついちけんしゅぎ

一物一権主義とは、同一物上に互いに相いれない内容の物権(所有権等)が、同時に2個以上成立しないという原則のこと。

1個の物権の目的物は1個の独立したものであることを要するもので、目的物の特定性、独立性を確実にし、その上の物権の存在を公示する方法を便利にする。

この原則は物の一部に物権は成立しないということ(土地は例外で、例えば同一物上に所有権と地上権が併存し、順位が異なる複数の抵当権が併立します)と、数個の物の上に1個の物権を成立させることはできないことの2つの意味を持つ。

スポンサードリンク

その他の関連ページ
一団地認定制度:いちだんちにんていせいど
一般定期借地権:いっぱんていきしゃくちけん
不動産 用語集 トップ



△上へ戻る
Written by ©2005